【最新】期間工のおすすめ企業の年収比較

3ヶ月~6ヶ月など、期間限定で働ける期間工は給与の高さや待遇の良さがメリットになっています。期間限定という点がポイントですが、短期間で稼ぎたい方や、一時的に働き口が必要な方にとっては魅力も大きいと思います。

しかし、様々な企業が期間工の募集を行っていますので、自分に適したところをしっかり選ぶ必要があります。

期間工でおすすめの企業ベスト5

1位:トヨタ

トヨタは日本を代表する大手自動車メーカーの一つですが、ほぼ通年で期間工の募集を行っているのが魅力です。大手メーカーのため給料はもちろん、待遇もかなり良い内容になっており、勤務1年目であっても安心して稼げる条件が整っています。

また、期間工の仕事を最後までこなすと、満了慰労金や報奨金などが支払われますが、トヨタはこれらの支給額も他のメーカーより高めです。100万円以上の金額が支払われる場合も多く、仮に未経験者であっても相場以上の金額を支払ってもらえます。

他にも深夜手当や残業手当など、一般的な手当も給与とは別に支給されますので、年収総額はトップクラスと言っても良いでしょう。

2位:日産自動車

2番目におすすめしたい期間工が、リーフなどの電気自動車で有名な日産自動車です。日産自動車も大手自動車メーカーの一つですが、全国数カ所にある工場が定期的に期間工の募集を行っています。

日産自動車をおすすめする理由は給料の高さにありますが、日給制になっており、未経験者でも月額30万円程度の給料が見込めます。手当などを含めると、年収で400万円を超える可能性もあり、安定した収入を得られるのがメリットと言って良いでしょう。

期間工として働く期間は、1回あたり3ヶ月ほどですが、他のメーカーと同じように最長35ヶ月まで契約の更新が可能です。待遇も良く、社員寮はどこも1人部屋になっているため、プライバシーに配慮している点も魅力と言えます。

3位:マツダ

広島県に本社があるマツダは、スカイアクティブなど技術力の高さで有名な自動車メーカーです。マツダも広島県や山口県にある工場の期間工の募集を行っていますが、同時に募集しているパターンが多めです。

マツダは1回あたりの雇用期間が6ヶ月ほどですが、月収は25万円~30万円程度がモデルになっており、年収に換算すると300~360万円ほどです。期間工の年収としては高い水準にあると言ってもよく、特にしっかり稼ぎたい方にはおすすめです。

なお、正社員への登用制度もありますので、期間工からステップアップしたい方にも最適な候補と言えるでしょう。

4位:アイシンAW

アイシンAWは自動車の部品を製造している大手のメーカーで、カーナビなど一部は世界的なシェアを有しています。主に愛知県内で数箇所の工場を稼働させていますが、それぞれが独自に期間工の募集を行っており、逆に一括募集はほとんどありません。

アイシンAWのおすすめポイントは、基本給の高さと豊富な手当にあるでしょう。給料は時給制ですが、1ヶ月あたりの収入は30万円程度を一つのモデルにしており、年収だと360万円が見込まれます。

手当も充実しており、生産協力金や赴任手当、各種補助を含めると多岐に渡るため、自動車メーカー以外を希望する方におすすめです。

5位:村田製作所

5番目におすすめのメーカーが、スマートフォンなどに使われる電子部品を製造する村田製作所です。電子部品系では最大手のメーカーですが、国内に数十箇所の工場を有しており、それぞれが独自に期間工を募集しています。

村田製作所は電子部品製造のため、自動車メーカーのような力作業や肉体労働は少なく、大半が軽作業に該当します。

このため、重労働を避けたい方には非常に魅力的な候補ですが、月25万円前後の給料であることを考えると、かなり良い条件と言えるでしょう。

離職率の低さもトップクラスで、各種手当はもちろん、社員寮などの待遇も充実しているため、好条件で働きたい方におすすめの選択肢です。

期間工の給料相場はどれくらい?

期間工を募集するメーカーは決して少なくありませんが、一般的な給料の相場を知りたい方もいらっしゃるかと思います。ほとんどのメーカーは時給制か日給制を採用しており、働いた分だけ収入も増えますが、給料の相場は25万円~30万円ほどになっています。

ただし、メーカーによってモデルケースは異なっており、月収20万円前後のところもあれば、30万円以上が期待できるところもあります。相場を元にして年収ベースで換算すると、300万円~400万円ほどを見込んでおくと良いでしょう。

数字だけを見ると安いように見えますが、正社員と比べても短期間でしっかりと稼ぐことが可能です。基本給以外にも様々な手当が毎月いくらか支給されるほか、契約が満了した後には報奨金を支払ってくれるメーカーもあります。

そのため、これらも含めて考えた場合、正社員よりも稼げるメーカーが非常に多いのです。契約更新をする際に給料がアップする可能性もありますので、稼ぎたい方は期間工を選ぶと良いでしょう。

企業を選ぶ時のコツ

期間工は比較的好待遇の求人が多いものの、募集しているメーカー・工場は多岐に渡るため、求人は慎重に選ばなくてはいけません。特に給料だけを見て決めるのは危険性が高く、すぐに辞めたくなってしまうことも考えられるでしょう。

求人を選ぶ場合、必ずチェックしておきたいのがメーカーの待遇です。期間工は待遇が良いとは言っても、その内容自体はメーカーによって違いますし、働く工場ごとに変わる場合もあります。

例えば、期間工になると社員寮が提供されますが、個室タイプもあれば、マンションの部屋を数人で共有するパターンもあるのです。自分の生活にも大きな影響が出ますので、社員寮をチェックするのはもちろん、社会保険や各種手当て・補助を確認しましょう。

給料も重要ですが、実際に働くことになる工場の場所や、社員寮の立地も確認をおすすめします。

期間工になると、特定の工場へ勤務し、社員寮で住まうことになりますが、周辺環境をチェックしておかないと、休日に暇を持て余す可能性があります。工場の立地は問題ないものの、社員寮の場所を確認しないと後悔する場合もあるため、なるべく調べておきましょう。

期間工の面接を受ける際の注意点

期間工として働くためには、まずメーカーの筆記試験を行い、更に面接へと進んで合格する必要があります。しかし、面接の時に気を付けておきたいのが面接会場の場所と、そこへ行くまでの交通費などです。

期間工の面接はほぼ全国で実施されていますが、自宅から遠い場所だったり、交通機関の乗り継ぎが必要なパターンも珍しくありません。面接会場の場所が分かりにくい場合もありますので、しっかり確認するとともに、会場までの交通費も調べておきましょう。

期間工の面接では志望動機も聞かれますが、必ず明確に答えられるようにする必要があります。志望動機は人それぞれかと思いますが、採用の可否に大きな影響を与えますので、聞かれたら答えられるようにしておきましょう。

また、面接では不明点を聞く絶好の機会であり、契約前の最後のチャンスとなります。契約後に確認するとトラブルになりかねませんので、最終確認も兼ねて、不明なことや疑問などは聞いておくことをおすすめします。

例えば給料や昇給の有無などのほか、勤務日・時間、契約更新時のことなど、分からない点は面接の際に聞いておきましょう。

まとめ

工場の人手不足で悩むメーカーは決して少なくありませんが、期間工なら自由度の高い働き方が可能になります。転職までの繋ぎにしてみるのはもちろん、正社員登用制度を設けているメーカーも多いため、ステップアップを目指すのも良いでしょう。

基本給も高水準であり、更に社会保険などの待遇が整っているほか、手当や補助金が充実しているのもメリットです。数ヶ月ごとに契約更新の有無を選べますので、短期間で稼ぎたい方や一時的な職を求める方は、期間工に応募してみてはいかがでしょうか?

その他の記事