ホンダ期間工の年収(給料)や寮、体験談まとめ

ホンダは東京都港区に本社置く、輸送機器及び工業機械の大手メーカーです。

2015年の実績は四輪車の世界販売台数では第7位、二輪車では世界第1位です。また、船外機でも世界第4位という事績を持つ巨大メーカーです。

モータースポーツでもMoTo GPでは通算勝利数、年間チャンピオン獲得数ともに1位です。四輪ではF1ではコンストラクターとして1965年と1967年に優勝を、エンジンサプライヤーとしてはウイリアムズとマクラーレンをチャンピオンチームに押し上げました。

そんなホンダの期間工になるとどの程度の収入が得られて、寮などの待遇はどんな感じなのかなどについてまとめてみました。

他にも実際にホンダで期間工をやった経験のある人たちから、面接や仕事内容、寮や正社員登用についてヒアリングをしてまとめてあります。

メーカー名で期間工を募集している工場

ホンダが期間工を採用している工場は、全部で4拠点あります。住所と最寄り駅を以下のように表にまとめてみました。

工場名 住所 最寄駅
狭山工場 埼玉県狭山市新狭山1-10-1 西武新宿線新狭山駅
寄居工場 埼玉県大里郡寄居町富田2354 東武東上線男猛衾駅
小川エンジン工場 埼玉県比企郡小川町ひばり台2-1-1 東武東上線東武竹沢駅
鈴鹿製作所 三重県鈴鹿市平田町1907 関西本線加佐登駅

ホンダ期間工の給与、手当まとめ

ホンダ各工場の生産品目ですが、以下のようになっています。

  • 狭山工場(ステップワゴン・オデッセイ・ジェイド・レジェンド・アコード・フリード・クラリティ―フェーエルセル)
  • 寄居工場(ヴェゼル・フィット・グレイス・シビックセダン・シャトル)
  • 小川エンジン工場(各種エンジン)

ホンダ期間工の待遇は全工場同じです。給与や手当などの待遇を、以下の表にまとめてみました。

月収目安 289,600円
入社祝い金 20万円(埼玉製作所は特になし)
満了金 フル満了時最大累計184万円
(3~6ヶ月9万円・9~12ヶ月15万円・15ヶ月以降17万円)
を3ヶ月ごとに支給
皆勤手当 特になし
赴任手当 規定により支給
寮費 水道光熱費を含めて完全に無料
光熱費補助 完全無料なので100%補助
食事補助 13,000円(月)
その他手当て 経験者手当(経験値により1万円~10万円)
特別手当10万円
生活準備金2万円
勤務時間(埼玉) (1)06:30~15:15
(2)15:05~23:30
(3)23:20~06:40
勤務時間(鈴鹿) (1)06:30~15:15
(2)15:05~23:30
(3)23:20~06:40
(4)08:10~17:00
(5)07:10~16:00
休日 週休2日制、休日はシフトによる

ホンダ期間工の体験談

ホンダの期間工になった人たちは、ホンダという企業でどんな体験をしたのか気になります。

そこで、実際にホンダの期間工を経験した人たちに、面接や仕事内容、寮についてのことや正社員登用に関することを聞いてみました。

面接に関すること

ホンダ期間工の面接では、どんなことを聞かれるのか、面接で注意することは何か、面接自体や会場の雰囲気はどんな感じなのかなどを、実際にホンダで期間工をやった人たちからヒアリングをしてまとめてみました。

TMさん37歳男性の体験談の体験談

私が面接をしてもらったときは、何となく穏やかな雰囲気でしたね。当たり前ですが対決ムードは一切なく、和やかな雰囲気さえありました。

そんな中で聞かれることは志望動機、職歴と辞めた理由、体力的なこと、大きな病気をしたことがあるか、夜勤があるか大丈夫かなどでしたね。

答え方はなるべくっていうのか、絶対的にシンプルにすることが合格のポイントみたいですね。質問に対して、長々と答えても嘘くさくなるからです。シンプルイズベストです。

SFさん25歳男性の体験談

面接の時に聞かれたことって、よくネットに書き込んであることと変わらなかったですね。定番の志望動機や健康状態、夜勤があるが大丈夫か、仕事はきついけれど大丈夫かなんかです。

受け答えのポイントですが、どんな質問にも前向きな答えをすることですね。それと志望動機なんかは簡潔に答えることがいいですよ。「御社の社風が好きなのと、レースにかける情熱が……」なんて長々というのは駄目みたいですね。「車が大好きなので、車作りに関わりたいからです」的な方がいいみたいです。頑張ってください。

KHさん27歳男性の体験談

面接で僕が気を付けたことは服装と態度です。服装は自由ってなっていますが、あまりくだけた感じは避けた方がいいですよ。僕は無難な服装として、スーツを着ていきました。スーツの人は、案外少なかったけれど、礼を失しなかったから良かったって思います。

面接の時の態度は、背筋を伸ばして顎を引き気味にすることと、両手を軽く握って膝の上に置くっていう感じです。そのうえで、面接担当者の顔をみて話すことですね。

受け答えは、明るくハキハキが基本です。聞かれたことに対してなるべくシンプルに、ポジティブな答えを返すことがポイントです。

ちなみに面接は1対1ではなくて、僕の時は3人一緒でした。そのときに面接担当者の質問に対して、長々と答えていた人、就業初日にいませんでしたよ、参考までに。

仕事内容に関すること

よく期間工の仕事はきついって言われていますが、ホンダの期間工の仕事はきついのか、仕事は難しいのかなど、気になることを実際にホンダで期間工をやった人たちに聞いてみました。

YMさん31歳男性の体験談

自分は小川工場でエンジンの生産ラインで、機械加工をやっていました。精度の誤差1/1000mmという作業をするんですが、機械が全部やってくれるから誰でもできます。ただ、案外体は使うんで、慣れるまで体はきついです。だいたい2~3週間ぐらいですね。

鋳造や鍛造の工程で作ったシリンダーブロックやヘッド、コンロッドやクランクシャフトなんかのバリを取ったり、決まったところに穴をあけて仕上げていくんです。初めのころは難しく感じたんですが、気が付いたら慣れていました。

慣れてくると慎重さが薄れてくるから、ミスをしないように気を付けることが重要です。近くで同じ作業をしていた人が、結構失敗が多くてきつい注意を受けていました。雇止めにならないようにするためには、慎重さを保つことがポイントですね。

YSさん24歳男性の体験談

自分は狭山工場で完成車の組み立てをやっていました。溶接をやっていたんですが、溶接なんてやったことなかったから、かなり不安でした。社員の人にそう言ったら「ここで働いている人に、溶接の経験者は一人もいないから、心配しなくてもいいですよ」って言われて、気が楽になりました。

言われた通りにやっていると、後はロボットがやってくれるから、いわゆるマシーンオペレーター的な仕事でした。ただ、重いものを持ったりするんで体力は必要です。そのうち慣れるけれど、初めのころはかなりきつかったなー。

でも、心配するほどでもないですよ、1ヶ月もしないで慣れるから。慣れると、腹が減ったことが苦痛に感じるぐらいです。昼飯がすごく旨く感じます。

SYさん28歳女性の体験談

私は寄居工場で組み立ての終わった完成車の検査をやっていました。体力的には女性でも待ったく問題はないので、私でも大丈夫でした。

検査項目はものすごく数が多いから、慣れるまでは本当に不安でした。でも、社員の人が丁寧に教えてくれたので、案外早く慣れることができました。

検査ラインには私の他にも女子の期間工が何人かいたので、何となく心強かったですね。ホンダって、意外に女子の期間工がいるのかもしれないですね。

寮に関すること

期間工にとって寮はある意味では収入と同じぐらいに大切です。なにしろ最長で35ヶ月も生活する場所になるからです。

そこでホンダの寮はどんな感じなのか、食堂はあるのか、あったら味やボリュームはどうなのか、周辺には買い物ができるところがあるのかなど、実際にホンダの寮で生活をした経験のある人達に話を聞いてみました。

KMさん34歳男性の体験談

俺は寄居寮っていうところにいました。結構新しい建物なんで、部屋もきれいでしたね。広さは6~7畳か、もうちょっと大きいぐらいなんで、まあ、一人で住むにはまったく問題はないですね。それに家電や寝具付きなんで、不便はなかったです。

食堂があって、評判はかなり良かったですね。俺も、かなり旨いって感じてました。ネットでもホンダの食堂は、自動車業界で一番っていう書き込みが多いけれど、その理由がわかりますよ。

ただ、いわゆるど田舎なんで、周りにはほとんど何にもないんですよ。買い物も不便だったなー。まあ、チャリで行ける範囲には、いろいろあったし、何しろ全面的にタダですから文句もいえないかー。

NOさん29歳女性の体験談

私は南台寮というところにいました。ここは上階が女子寮で、下の階が男子寮になっていました。初めは嫌だなって思っていたんですが、慣れると気になりません。

完全なワンルームタイプなんで、安心でしたね。お風呂なんかは共同ですが、もちろん男子との共用ではなく、女子専用です。

食堂が付いていたから、仕事から帰ってきて食事の支度をしなくてもいいんで、すごく助かりました。それに、美味しいご飯だったからよかったです。寮の食堂っていうんで、あんまり期待していなかったんですけれど、いい意味で期待を裏切られました。

周辺にはコンビニやスーパーなんかもあるし、駅の方に行くと飲食店もあったから、たまに仲良くなった人たちと女子会やったりしてましたから、案外、良かったなって思います。

KYさん28歳男性の体験談

自分はメゾンドム新狭山寮に入っていました。かなりきれいな寮だったんで、いわゆる当たりだったみたいです。集合タイプなんで風呂やトイレは共同ですが、あんまり気にならなかったですね。

部屋はだいたい7畳程度の広さがあったから、スペース的には何の問題もなかったです。食堂もあって、結構旨いし量も自分には十分だったんで文句なかったですよ。

工場までは歩いて10分ぐらいで着くから、通勤にも便利だったですね。駅近くには飲食店もあったんで、外飲みや外食もOKでした。これで、部屋に風呂とトイレが付いていれば、最高でしたね。

正社員登用に関すること

ホンダの正社員登用に対する姿勢は積極的です。計画では、2017年には期間工から正社員に150名を採用すると発表されていました。

そのホンダの正社員登用試験を受けた人たちに、試験に合格するためのポイントや、日ごろから何にポイントを置いて仕事をしていればいいのかなど、ヒアリングをしてみたので参考にしてください。

YTさん29歳男性の体験談

自分は正社員のことはまったく考えていなかったんです。ただ、ひたすら稼ぎたいだけだったんで、雇止めにならないようにって、仕事に集中していました。結果的にそれが仕事に対する姿勢になって表れたのか、自分よりも若い周りの人たちから頼りにされた感じになったんですね。

1年ぐらいした時に職場の上司から「Tさん、そろそろ1年だけど、正社員試験受ける気ない? あるんだったらちゃんと推薦出すからね」って言われて、受けることにしました。嬉しかったですね。

試験は筆記と面接ですが、筆記は特に難しい問題は出ないんで案外楽でした。面接では今やっている仕事で何を一番のポイントにしているかとか、改善するべき部分はどんなことかとか、創意工夫していることは何かなどということを聞かれました。

これ、日ごろ仕事に真剣に取り組んでいないと答えられないことばかりです。こんな質問に、スムーズに答えられないと、日ごろ何をしているのかばれますね。これ、大きなポイントじゃないかな?

SNさん32歳男性の体験談

自分は30歳近かったんで、正社員になれるのはもしかしたらこれが最後のチャンスって思って、期間工になりました。

いろいろ調べていたら、正社員登用試験を受験するためには、職場の上司の推薦、それも高い評価の推薦をもらう必要があることがわかったんで、初日からガンガン飛ばしていったんです。

3ヶ月ぐらいした時上司に「正社員試験受けたいと思います」って言ったら、「わかりました。今の調子で頑張ってください」って言われて、自分の方向性に間違いはなかったって思ったんです。

試験の日が近づいてきたとき上司に「筆記は自信がありますが、面接ってどんなことをきかれるんですか?」って相談したんです。そうしたら、期間工から正社員になったばかりの先輩を紹介してもらって、いろいろアドバイスをもらいました。おかげさまで無事に試験に合格することができたんです。試験合格のポイントは、いい評価の推薦をもらえることと、上司や先輩に相談することですね。

SUさん26歳男性の体験談

期間工から正社員になりやすいっていうメーカーはないと思います。理由は、新卒は試験だけで判断されますが、期間工の場合はある程度の期間の実務上の評価が大きいからです。

だから俺は日ごろの仕事に対して常に真面目に、それと仕事に流されないでどうやったらもっと効率よくできるかって、考えながら仕事していました。多分そんなことがいい評価の推薦に結び付くんだろうと思って、やっていました。

その結果、何とか試験に合格して、正社員になることができたんです。でも、これって俺一人の力じゃないですね。上司や先輩、仲間たちにもお世話になったんで、感謝しています。

まとめ

ホンダは日給がいい方なので、高収入を得られます。日給は初年度から10,300円なので、割合にいい方です。

つまりベースが大きいから、多少残業や休出が少なくなっても安定した収入が得られることになります。これは、意外に大きなポイントですね。それに、満了一時金が最大累計で184万円あるのもいいと思います。

また、就業中の食事1食は会社から無料で提供されますから、これも年間に直すと結構な金額になります。つまり、完全無料の寮費と合わせて考えると、貯金のしやすい環境を与えてもらえます。

短期間で稼いで、短期間でなるべく多くの貯金をしたいのが期間工なので、その条件にぴったり合っていると言えます。それに、正社員になって安定を求めることもできるので、ホンダの期間工はいい仕事だと言えます。

ちなみに寮や工場の食事の評判がいいのは、創業者の本田宗一郎氏が工場を訪れたときに出された食事が冷めていたため、「こんな飯を従業員に食わせて、いい仕事ができると思ってんのかー!」と激怒したからだという伝説があります。いかにも本田宗一郎氏らしいですね。